« ポルトガルの街 ポルト&買い物記録 | トップページ | カザフスタン ホテル事情&魅惑のカーテン »

カザフスタン ゲレンデ事情&まさかの珍事件

12月には暖冬のためか雪があまりないとの噂だったアルマティが誇るゲレンデ、チェンブラク。年が

明け、いよいよいい感じになってきたとの朗報を受け、張り切ってカザフスタン初滑りへ出掛けた今日。

気温も寒すぎず、晴れ間もあるまさしくボード日和。

なんと言っても、東京から早起きして出掛けるのとは違い10時出発、しかもウエアに身を包み、ブーツも

履いちゃって、お好みでゴーグル着けて出発したってOK。みんなそうですから誰も気にしません。

ボード一つかついで車に乗るだけでよいという気軽さが一番嬉しいところです。約30分で到着。

Photo_2 Photo_3

旧ソ連時代から富裕層のためのリゾート地として栄えていたというこちら、別荘地を通り抜け辿り着いた

のは、まあちゃんとしたゲレンデでした!どんなものやらと全く期待していなかったのですがカフェや

レストランもあるし、立派なものです。リフト券は5回券2,500KZT(約2,000円)、1日券5,000KZT

(約4,000円)とこちらも立派なお値段。カザフスタンの庶民にとっては程遠い存在のよう。いまだに一部

富裕層のためにあるわけで、通りでみんなピカピカの一流ボードにかわいいウエアを着ていること。

Photo_4 6

リフト券は自動改札式、マイナス6度の中いってきます!見事な山脈を眺めつつ、順調に上まで到着。

さぁいよいよ滑るとしますか。とりあえず写真でも・・・カメラを交換してカメラマンとなったうちの夫。

私     「ボード持ってようか」

夫     「(ボードを私に渡し、シャッターをき・・・)」

私が受け取ったと思ったその時、腕からするりと抜け出したボード。まさか。

日本から航空便で送りこんだ、Burtonの新品のボード。約7万円。

一同   「あっっっ・・・・!」っと思ったのもつかの間。

ボード  「ぴゅうーっっ

それは見事な直滑降的滑りで駆け出すボード。さっき下で塗ってもらったワックスの効果抜群。

すぐに視界から消える。

夫    「ちょっと!!今すぐボード履いて追いかけて!!!」

私    「そんな無茶な・・・無理ですっ」

だってボードは殆ど3年ぶりでした。しかも標高3,000メートル級の山は初体験。それは無理というもの。

というわけで、猛スピードで駆け出したボードを追いかけるメンズチーム。レディスは様子見しつつ

とりあえず普通に滑り降りたのでした。3年振りでも意外と出来るものですね!しかし途中、ボードは

もちろんのこと、メンズチーム姿も全く見えず。

・・・約1時間後、必死の捜索も空しく、とぼとぼと「徒歩で」下山してきた我が夫。

ああ、本当にごめんなさい。まず思ったのは身内でよかった。ええっと、私が言うのもかなり何ですが、

こんな大ピンチの時こそ、人としての大きさが如実に露になるというものです。例えばみんなで出掛けて

スピード違反で捕まった時。駐禁きられた時・・・大変深刻なケースではなく、まあだいたいにして

数万円が絡んだ事態のことです。

新年早々、初めて訪れたカザフの雪山で、おニューのボードでまさに滑り降りようとしていたところで

一度も持ち主である彼に乗られることなく、山脈の彼方に埋没したボード・・・。

みんな言ってくれました、「きっとあのボードに乗っていたら今頃ガケに落ちてたよ。厄払い厄払い」。

そうそう、そういう考え方もあります。形あるものはいつかどうにかなってしまうもの。

あとは、いかにしてこの出来事を笑いに変換するか。そこがポイント!

・・・ええ、もうすごく笑いました。だって今思い出しても笑える程に見事な滑りでしたから。

結果オーライ!少々時間はかかりましたけど。

私がカザフスタンに来て初めて心底楽しかったと思えた日、それが今日です。

Photo_5

ほかほかベルギーワッフルのお店も!一皿300~400KZT(約240円~320円)でかなりのビッグ

サイズ。

|

« ポルトガルの街 ポルト&買い物記録 | トップページ | カザフスタン ホテル事情&魅惑のカーテン »

カザフスタン(遊ぶ)」カテゴリの記事

コメント

旦那さま、それはそれは御愁傷さまでした。。でもあきらめきれないだろうなあ。・。で、それをゲットした人はまさに「空から降ってきた!!!!」って感じだったんだろうなあ。
なにはともあれ、楽しめたようでなによりですヽ(*≧ε≦*)φ

投稿: ぽちょ | 2009年1月18日 (日) 01時44分

新品のボード、大脱走だね!どこに行きたかったのでしょう〜

出鼻をくじく事件も笑いに変えた その場のみなさん、そしてなんといっても そこで不機嫌になりすぎない旦那ちゃんがすばらしいよ!すごいなあ〜

投稿: がる | 2009年1月18日 (日) 07時59分

新品のボード、大脱走だね!どこに行きたかったのでしょう〜

出鼻をくじく事件も笑いに変えた その場のみなさん、そしてなんといっても そこで不機嫌になりすぎない旦那ちゃんがすばらしいよ!すごいなあ〜

新年&カザフスタン初笑いですね!出だし好調だね!

投稿: がる | 2009年1月18日 (日) 08時00分

笑えたあなた方は素晴らしい
ダンナ様、なんて寛大何でしょう。

投稿: スー | 2009年1月18日 (日) 09時49分

>ぽちょ

ありがとうございます。いやあ、ほんとに見事な滑りでした。
有り得ないよね??こんな人見たことないよね??
間違いなく今年の重大事件ベスト3に入る出来事となりました。
しかしね、あのボード、誰の手にも渡ってないと思うのよね。
一番手前にあったネットをものともせず、大爆走して駆け抜けて
いったもん。むしろ誰かに激突して被害が出なかったことが奇跡って
くらい。見た限り、ケガ人はいなかったと思うのよね。頭に
当たったりしたら笑えないでしょ。不幸中の幸いここにありです。

>がる

そうなの、初笑い。やったよね。また一つ信頼関係が生まれた
ような気がしています。ま、彼は二度と大事なものを私に
預けないでしょうけど

>スー

ありがたいよね、本当に。日頃の自分の小ささを猛省すると
共に、どんな時も大きな心と笑いを忘れず、生きていきたいと
思います!

投稿: monchack | 2009年1月18日 (日) 22時18分

初笑だなあ。彼氏に愛想を尽かされないように。まあ元気でなによりですね。

投稿: touchan | 2009年1月19日 (月) 13時15分

笑っていただけて何よりです。人様のものをお預かりする際には
注意に注意を重ねていきたいと思います!

投稿: monchack | 2009年1月19日 (月) 20時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カザフスタン ゲレンデ事情&まさかの珍事件:

« ポルトガルの街 ポルト&買い物記録 | トップページ | カザフスタン ホテル事情&魅惑のカーテン »