« さわやかになるひととき | トップページ | ゴルフ部 始動 »

日本の思い出とレストランに脱力 二連発

3週間の日本滞在の日々は、前回同様「あっという間」に駆け抜けていきました。海外在住者なら誰しも

そうだと思いますが、あれもしなきゃこれもしなきゃと日々何かに追われているような気分で息つく

間もなく、片時も休むことなく終了。それぞれに素晴らしかった友人の結婚式に出席して、食べたかった

ものを食べ、会いたかった人に会い、やりたかったことは全部やったと思いますね。悔いはありません!

~思い出写真館~

Photo_2 Photo_3

三軒茶屋にて。みんなにはちみつ焼を買ってくれる優しいマサさんの図↑前のめりがいい感じ。やけに

親切な店主のおじさん↓餡は7種類、別添えのはちみつをかけていただきます。場所はデボラの横。

Isan_3

Photo_4まだ見頃だった富士霊園の桜。

Photo_8 村上開新堂の春らしさ満点のランチ。麹町宝島社並び。

Photo_7 神楽坂で「広島っ子」

お世話になった皆様、ありがとうございました。私と入れ違い現在日本に滞在中のポチョムキン殿、

存分に楽しんできてね~。

さて実は、5月のはじめに一日だけアルマティに帰ってきて、翌日からロンドンとパリに行っていました。

そのことはまたおいおい書くとして・・・なぜこんなに長く更新出来なかったかと言えば、このアルマティ

家のインターネットが1ヶ月近く不通でようやくつい先日復旧したのでした。電話や電気など全て

マンション部屋のオーナーが契約を結んでいるので何かトラブルがあった時にもオーナーを介して

行うわけで・・・いちいち時間がかかります。さらにこの部屋のリッチで美人で多忙のオーナーはやれ

アメリカだ中国だといつも世界中を飛び回っているようで、なかなかつかまらないんですよね。それで

こんなに時間がかかって。

現在の私にとっては唯一の社会との接点のようなインターネットですから、それを奪われると、ねえ。

復旧したものの、あまりのブランクににもうこのまま永久に更新しなくてもよいのではという気分でブログ

への情熱もすっかり薄れてしまいましたが、とりあえずは日常に戻りましょう。

来週、在住婦人のランチ会があり、私が幹事のためお店どこにしようかなというのはずっと考えていた

のですがここに沢山の選択肢があるはずもなく。候補の一つは今年オープンしたイタリアンレストラン

で、これまでのアルマティのイタリアンの常識=おいしいお店は高い、を見事に打ち破った素晴らしい

お店。リーズナブルで本当においしいのです。このお店にもビジネスランチ(日本で言うところのお得な

ランチですね)が出来たのでそれに、と思ったのですが前菜+スープ+メインをそれぞれ選ぶ方式で

そのお値段が一つ一つ微妙に違うのですよね。そういうスタイルは、会食には向かないなぁと思いここは

一つ交渉してみよう、と思いついたわけです。ロシア語通訳(夫)を伴い、とりあえず普通にディナーを

した後予約担当というマネージャーに切り出してみると、意外に乗り気!予算内でコースを組んで、

デザートまで付けてくれるという話。ただし彼女に決定権はなく、ディレクターに聞いてみるからまた来週

来てとのこと。電話でいいじゃん、と思いましたがまあディナーがてら今週再訪すると、

「やっぱり出来ない。何も出来ないわ」。

えー!!!私たち少なくとも2回食事をして、しかも先週はあんなに乗ってくれたのに??

交渉であるからには、お互い譲歩し合い、妥協点を見出したりするものだと思いますが、それも

一切なし。無理の一点張りでグッタリ脱力しましたね。日本であれば、ここまで興味と関心を持っている

お客様がいたら全ては叶えられないとしても、何かしてあげたいと思うものではないのでしょうか。

期待を持たせた挙句、義理人情も何もなく無下に断るとは・・・二度と来るか!とテーブルを

ひっくり返したいところでしたが悔しいけれど、本当においしくバランスの取れた貴重なお店なのでまた

頻繁に行くんでしょうね。ふん。

そして続いてもう一つ。同じ用件で、確認がてらアルマティ版「Time out」のおすすめレストランにも

選ばれたことのある、「FAME CAFE」へ。ここには何度か行ったことがあって、味は普通と言えば普通

だと思いますが、デザートとお茶まで付いた手頃なビジネスランチがあってランチ会には

ちょうどいい感じ。ただし数ヶ月前と同じ内容とは限らないので確認に行ったわけです。

まあ結果同じだったのですが、お会計の段になってランチ代にお茶代が上乗せされているでは

ありませんか。しかも「お茶+ミルク代」で1,300KZT(約845円)。これってこの地のレストランでは

高い部類です。いくら1ℓは軽く入りそうな巨大ティーポットしかもリーフティーであったにしても、以前は

ランチに付いていたわけですし、意見しなければ。店員を呼びとめ、「メニュー見せて」。

私  「ほらここに、ランチにはお茶かコーヒー付きって書いてあるでしょ。これおかしいのでは?」

店員 「いや、これはティーカップ一杯分付いているということで、ティーポットは別です」

(私 「私はティーポットで、とオーダーしてもいないし、ティーポットか一杯かとも聞かれてはいない。

   それに前にも来たことあるけど、その時はランチにティーポットが付いてたわよ!」)

()内は私の心の叫びです・・・。当然ロシア語しか通じないので言いたいことも言えず、おとなしく

言われるままに代金を支払い、悔し涙を滲ませつつとぼとぼと店を後にしたのでした。

はぁ。なんだか早々脱力の連続ですが、夏も近くてさわやかなアルマティより、またぼちぼち

更新していきたいと思います。

|

« さわやかになるひととき | トップページ | ゴルフ部 始動 »

カザフスタン(食べる)」カテゴリの記事

日本」カテゴリの記事

コメント

腰を患い、通勤にはマスク&コルセット必至な私の日常にあって
blog更新楽しみにしてますよ。
いかなるblogもさしてはまらず、特に興味のない私ですが、この一ヶ月ここに何回アクセスして まだ更新されてないわ…と思ったことか。
ぼちぼちお願いしますね〜

投稿: がる | 2009年5月22日 (金) 18時35分

やれやれですね。
言葉が通じないってもどかしい。
きっと来年あたりにはそれくらい言えるようになってるはずね。

投稿: nyu | 2009年5月23日 (土) 14時46分

>がる

まあまあそんなに熱烈読者がいてくださったとは・・・私のおすすめブログはマッチャー(いい加減しつこいね)と、高城剛かしら。おすすめします!
腰くれぐれもお大事にしてね。

>にゅうにゅう

ねぇ・・・トホホだったよ。。。そうね、もう悔し涙を流すことのないよう、勉強に励みたいと思います。ぽちょに会えたー??楽しい一時過ごしてね!

投稿: monchack | 2009年5月23日 (土) 17時45分

友人Rはマッチャーのイベント(5時間!)で 手にチューのサービスでメロメロ、第二回もすでに申し込み済みだって。
また次の機会に行けるといいね!

投稿: がる | 2009年5月24日 (日) 14時08分

>がる

ああーいいなー。実物はかなりかっこいいのだろうね。いつか3人で行きましょう!

投稿: monchack | 2009年5月25日 (月) 08時16分

日本ほんとにあっという間だったよ!!!!
昨日こっちへ帰ってきました。帰国前夜大楽邸で行われたすき焼きパーティーの際、カザフスタンノートがアップされていることに気付き、早速朝一チェックしています。
やっぱ日本っていいよね。裏切りがない!ロシア配下の国々では裏切られっぱなしだったので、日本の良さがなお一層ひきだつよ。でも、カザフでの交渉失敗に関しては、最初から断られなかっただけ、その人に人間味があったとしましょうよ。チェコでは最初から「インポッシブル」って言われまくったもの。。。。あら!うっかりコメントが長くなっちゃったわ!そろそろ失礼!

投稿: ぽちょ | 2009年6月 7日 (日) 13時31分

>ぽちょ

そうね、その総括おっしゃる通りです。期待を裏切られないって当たり前のようになってたけど全くそうじゃないのよね~。何が起きても笑いに変えるくらいの感じでいたいものです。それにしてもメトロポリタンってすごいよね。やっぱりずっとお腹壊してたでしょ??自慢の地ヨーグルトで整腸に励んでね

投稿: monchack | 2009年6月 8日 (月) 19時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の思い出とレストランに脱力 二連発:

« さわやかになるひととき | トップページ | ゴルフ部 始動 »