« アウェーでの一戦 | トップページ | まさかの記録更新 »

昭和的なごみタイム

町を歩くと金木犀の香りが溢れていて、秋の訪れを感じるこの頃。とある住宅街にて、オレンジ色の道。

Kinnmokusei

姉の子供は無事に産まれて、ただ寝ているだけなのに圧倒的なかわいらしさを振りまいています。生後

7日目にして、絵本の読み聞かせを始めたらしい、パパ。ちゃんと聞いているんだよ、と嬉しげでした。

意味あるのかなぁ?!

今回の滞在は長めの三週間ではありましたが、やはりあっという間に時間は過ぎてしまい、そろそろ

ラストスパートをかける頃です。日本にいて楽しいのは夜のお風呂タイム!!都心にはあまりスーパー

銭湯がないので、一番近いそれらしいものというと、鶴見とか多摩とか。その辺りまでは小一時間車を

走らせなければいけないわけで。なかなか行けません。

そこで、十数年振りに近所の銭湯に行ってみることに。もっと早く行くつもりがなんだかんだで遅くなって

しまい、時は23時30分。確かここは0時閉店だったはず、と思いながら店先を覗くと、店主とおぼしき

おばちゃまが既に掃き掃除をしていました。

「もう閉店ですか?」と聞くと、

「いやいや、どうぞどうぞ」

「何時までですか?」

「アナタが出るまで待ってるよ。ゆっくり入っておいで~~急がなくていいよ~」と言ってくれました。

私は何時閉店かを知りたかったものの、その心意気には胸を打たれます。

中に入ると、昔は無かったはずのサウナまで出来ていました!現在の東京都の公衆浴場入場料は

450円。鶴見にあるスーパー銭湯「おふろの国」の入場料は600円。施設を比較すればかなりの割高感

は否めませんが、いつでも思い立った時にすぐそこにある大きなお風呂、いいですよね。

今日10月10日は張り紙によると1010《銭湯の日》で、「タオル進呈」だそう。もらっちゃおうかな。

|

« アウェーでの一戦 | トップページ | まさかの記録更新 »

日本」カテゴリの記事

コメント

あらあら無事生まれたのねー。おめでとう。(おねえさん)
ところでこの戦闘は私たちが一緒にいったやつかしら?あれ蒲田だったけ?私も今回帰ったら絶対岩盤よくとか行くんだ!あと宝島ムックで出ているゲルマニウムローラーつきのやつ!あれ買うよ。でもあのシリーズすごいね。ものすごくいろんなのが出ていてびっくりしたよ。ふろく大好き~

投稿: ぽちょむきん | 2010年10月13日 (水) 23時28分

>ぽちょ

ありがとう。赤ちゃん本当かわいいよ。でもついにもうソウルまで戻ってきてしまいました。あっという間ね。あと数時間後には落差激しい生活行きの機上の人となります。。。
ユーもそろそろだね!あ、ツムギ、かなりおいしかったよ!
ちなみに銭湯は蒲田のじゃなくてもっと昔風の小規模なやつよ。蒲田はやっぱり一歩遠いからねー。

投稿: monchack | 2010年10月15日 (金) 13時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昭和的なごみタイム:

« アウェーでの一戦 | トップページ | まさかの記録更新 »