« 辺境在住者におすすめの食材 油揚げ編 | トップページ | 魅惑の健康習慣 »

中央アジア クラフトフェア

先日、アルマティでは珍しい楽しげなイベント「中央アジア クラフトフェア」に行って来ました。

Photo

会場は普段は国立民族博物館として営業中。一番奥に見えるのはドドンと大きなカザフの地図です。

カザフのお土産というと、日本人の視点からすると、食品以外ではよいと思えるものが殆どなく、

最近では一切興味がなかったんですが、中央アジア全体となると話は別。ウズベキスタンには繊細で

鮮やかな色柄のすてきな食器とか、細密画のような模様が描かれた小箱とか、エキゾチックな民芸品

がありますし、キルギスにはフェルト製品の「トゥマール」というブランドがあって、ここのものは

すごくセンスがよくて、かわいいのです。そんなわけで、カザフにいながら中央アジアの民芸品が

手に入る楽しいチャンス。ちなみにいずれも、ツム(一応デパート)をはじめとするアルマティ各所でも

売られていますが、せっかくのフェアですもんね。

Photo_2

食器や各種民芸品、スザニ(シルクや綿の布に凝った刺繍が施されたもの)などが所狭しと並びます。

スザニは一つくらい欲しいなぁってずっと思っているんですが、いざいいな、と思うと100USD~200USD

くらいする上に、よく見ると端や繋ぎ目のちょっとした始末の甘さが気になって今回も見送り。

結局収穫は・・・

Photo_3

トゥマールのころころしたボールのようなフェルトの置物。1,350KZT(約750円)。結構なお値段ですが

かわいいでしょう、トゥマール。

アルマティでは、安くはないですし、種類も少ないのでビシュケク(キルギスの首都)にある本店に

一度は行って見たいなあ。

続いて。

Photo_4

1980年のモスクワオリンピックを記念して作られたらしい、ソ連時代のアンティークの木箱。

よく見るとマトリョーシュカの顔が五輪になっていてかわいい!!!

左下のクマのピンバッジはモスクワオリンピック公式キャラの「こぐまのミーシャ」。

箱は側面にも模様が入っています。

Photo_5

はじめに箱だけで3,000KZTと言われましたが、最終的にピンバッチ付きで2,500KZT(1,375円)で

ディールの握手!民芸品ではないですが。こちらのアンティークショップはロシア人のご夫婦がやって

いて、ソ連軍グッズや切手などマニアにはたまらない品揃え(多分)。アンティークが大好きだという

わけではないですが、最近気になる存在です。特にモスクワオリンピック関連。

こういう掘り出し物があると、本当にワクワクしますね。

マイナス10度の中、るんるん歩いて帰宅したのでした。

Photo_6

|

« 辺境在住者におすすめの食材 油揚げ編 | トップページ | 魅惑の健康習慣 »

カザフスタン(買う)」カテゴリの記事

コメント

この木箱欲しい!!
ユーこういう古びたセカンドハンド系は手にしない人かと思っていたけど、意外だわ。これ、、かなりひかれます!!

投稿: ぽちょむきん | 2010年12月 7日 (火) 01時28分

でしょーすごくかわいいでしょ。
そうね、洋服はいまだにちょっと抵抗あるけど、最近物には惹かれます。あ、でも昔チェコでアンティークのショットグラス買ったよ。覚えてる?あれもすごく気に入ってます。モスクワオリンピック関連、かわいいものがありすぎて困っちゃうのよね。ロシア人のアンティーク商は月1のもう少し小規模なこういったイベントにも出店しているから、また行って見なくては。
ピンバッジなんて一体何に使えばいいのか全然分からないけど、ついかわいくて。

投稿: monchack | 2010年12月 7日 (火) 16時18分

どちらも すごくかわいい……!
トゥマールの丸さ!
ロシアのピンバッチは私も持ってたなあ。懐かしい。

投稿: がる | 2010年12月12日 (日) 07時13分

>がる

そうなの、トゥマールかわいいでしょうー。ネコはあったかしら・・・今度また色々チェックしてみるね。一つ一つ顔立ちが全然違っておもしろいの。
ピンバッジは何のアクセントにしようかしらねえ。

投稿: monchack | 2010年12月12日 (日) 11時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1099315/37955091

この記事へのトラックバック一覧です: 中央アジア クラフトフェア:

« 辺境在住者におすすめの食材 油揚げ編 | トップページ | 魅惑の健康習慣 »