« ついに登場 | トップページ | 中央アジア クラフトフェア »

辺境在住者におすすめの食材 油揚げ編

突然ですが今日は辺境在住者の救い、長期保存可能な日本の食材をご紹介します。

アルマティではそこそこおいしいお豆腐は手に入るようになりましたが、いまだにないのは「油揚げ」。

日本においてはすごく地味な存在でしょうが、脇役ながらあれば嬉しいですよね。

乾燥油揚げがあるなんて、全く知らなかったのですが、夏のある日、九州ご出身の奥様からいただいた

「南関あげ」from 熊本。

Photo

東京では、銀座の熊本県アンテナショップ「熊本館」で売っています!お値段も一番小さいサイズで

100円少々と手頃な上、3ヶ月程もちますし、軽いので持ち運びにも便利です。

しかも、食べてビックリ、ふわふわと言うよりも「ふわっふわ」で本当に本当においしいのです!!

日本にいたって食べたいくらいのおいしさ。

この話を妹にした時「あっそれ愛媛にもあるんじゃない?!」と。妹の婚約者は愛媛県出身なんですが、

彼のご実家にお邪魔した際、夕食のお味噌汁に入っていたもの。それが「松山あげ」。

あまりのふわふわ度に感激して「こ、これは?!?!」とお母様に尋ねたらしい妹です。

Photo_2 ※画像は公式HPよりお借りしました。

松山あげの方が刻んだものなどバリエーションがより豊富で便利かな。食材としては南関あげも

松山あげもほぼ同じようなものだと思います。

松山あげは多分、新橋の「せとうち旬彩館」で売っていると思いますが、私はたまたま中目黒の

インテリアショップ「BALS」の中に入っている自然食品店のようなお店で発見して感激しました。

お味噌汁によし、切り干し大根によし、もちろんきつねうどんによし、ほうれんそうの煮浸しのアクセント

によし!本当におすすめです。

松山あげはふるさとの味、らしいのでどちらも地元の方には当たり前のものなんでしょうね。

日本の地域それぞれの食品っておもしろいです。一時帰国時には、各県のアンテナショップ巡り

も楽しいですね。

|

« ついに登場 | トップページ | 中央アジア クラフトフェア »

日本」カテゴリの記事

コメント

「辺境在住者」というタイトルに思わず飛びついてしまったけど、幸せなことに、私の住む地域では、油あげは手に入ります(笑)
でも、普通の油あげよりもふわっふわしてて、美味しそうだねー。食べてみたい!
日本は小さな島なのに、地方の食材にはまだまだ知らないものがあって面白いね!
今度日本に来たら、北海道のアンテナショップにもぜひ♪♪

投稿: YOKO | 2010年12月 6日 (月) 14時33分

>YOKO

あはは、さすがは日本だね(笑)。この油揚げ、普通のとは
ちょっと違う食感なので、日本にいたとしても、調理法次第で
使い分けたら楽しそう。
次に東京に行ったときにはぜひ!!
あー北海道行きたいな。有楽町のどさんこプラザにはいつも
絶対立ち寄ってます!

投稿: monchack | 2010年12月 6日 (月) 21時47分

新たな保存食材発見すごーい!
油揚げと言えば、我らが新潟、栃尾の油揚げがわりと全国的にも有名なので(自由が丘、Tくさんのお店のメニューにもありましたが、彼は自分のお店に置いておきながら「栃木の油揚げです!」とお客さんに説明してて、新潟ですよ〜と言ったら驚いてた。) 何か保存がきくのがあるかお正月に見てくるよ〜!

投稿: がる | 2010年12月12日 (日) 07時07分

>がる

Tくさん懐かしい(笑)今もあの場所でがんばっているのだねえ。帰ったらまたみんなで行きたいな。栃尾の油揚げ・・・おいしそう。生とはまた違ったおいしさの乾燥油揚げなので、栃尾版があったらどうなるのかな?!寒い地方には保存食ってたくさんありそう!楽しみに待ってまーす。

投稿: monchack | 2010年12月12日 (日) 11時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 辺境在住者におすすめの食材 油揚げ編:

« ついに登場 | トップページ | 中央アジア クラフトフェア »